留学している人や定年後に海外移住した人が喜ぶもの

 

◎薬
薬はどの国でも買えますが、やはり体に合うのは日本の薬です。
定番の胃薬や整腸剤といった薬だけでなく、目薬や虫さされ薬、肩こりの貼り治療品といった忘れがちな薬がとくに喜ばれます。
常備薬として、必要なものをセットで贈りましょう。
国よっても持ち込みの基準が異なります。
特に医療用医薬品を持ち込みたい場合は、事前に大使館などへ問い合わせておきましょう。

 

◎入浴剤、カイロ
入浴剤は、海外ではなかなか手に入らないものです。
日本人は海外でもシャワーだけでなくバスタブにも浸かる方が多く、日本の入浴剤があるとそれは嬉しいものです。
また、意外にカイロも手に入りにくい場合が多いです。
とくに寒い地域に移住された方へ、身に着けるタイプのカイロがオススメです。

 

◎耳かきと爪切り
驚かれる方もあるかもしれませんが、日用品の耳かきと爪切りが、海外に住んでいる人にとって素晴らしいプレゼントになるのです。
まず、ほとんどの国で使われていないため、耳かきは売られていません。
耳垢を奥に押し込むことになる綿棒では、乾燥垢タイプの多い日本人は耳掃除ができませんね。
でも、日本を出てくる時に、耳かきを荷物に入れ忘れることは多いのです。
そして、日本より空気の乾いた海外で耳の中も乾き、さっぱりしない痒さに悩まされることになるというわけです。
日本でなら、どこででも手に入る耳かきは安価ですし、ユニークなデザインのものもたくさんあってプレゼントに最適です。
また、爪切りは海外にもありますが、やはり刃物は日本製です。
安いものでも切れ味のよい爪切りも役に立つ小道具として、海外にいる友人へのプレゼントにして欲しいですね。

 

いかがでしたか?
どこに住んでいてもプレゼントは嬉しいものですよね。
時間もお金もかけて贈るものなので、喜ばれるようなものを贈ってあげましょう。

海外留学・移住者が喜ぶプレゼント

◎ランチョンマット
海外では、自宅で友人たちとディナーをする機会が多くあります。
そんなときに重宝するのが、ランチョンマットです。
現地の人にも使ってもらうものなので、日本独特の柄や材質のものを選ぶと喜ばれます。

◎お箸・食器類
お箸や食器も、ランチョンマットと同様の場面で活躍します。
日本からのお箸と和食器、特にご飯茶碗やお椀、和風皿などは現地に無い物なので、貰うと嬉しいものです。

◎日本茶・麦茶
どこの都市でも、大手のスーパーや中国ショップにはグリーンティーなるものがおいてありますが、日本の本場の緑茶ではありません。

 


◎インスタント味噌汁や乾物、だしなど
保存のきく日本の食べ物を贈ると、とても嬉しいものです。
特に、インスタントの味噌汁やスープは本当に便利です。
そのほかにも、ひじきや切干大根といった乾物、カツオや昆布などのだしの素、
七味唐辛子やチューブのからしなどは、海外ではほとんど売っていません。

 

◎ビデオ・文庫本
インターネットで日本の映画やビデオが見られる方法はありますが、プレゼントで頂くのはやはり嬉しいです。
特に、日本の文庫本や雑誌も海外では手に入りません。
海外生活が長い人にとっては、発売から時間がたっている作品でも喜ばれるでしょう。
ただし、DVDやBlu-rayにはリージョンコードという規格があり、海外の機器では再生できないこともあるので注意しましょう。

 

◎Tシャツ・甚平・浴衣
漢字がプリントしてある日本のTシャツは、海外でとても人気です。
現地の友人へのお裾分けとしても喜ばれます。
男性用の甚平は暑いときに着るのにとても楽で、デザイン的に現地の人からも好評です。
また、浴衣も海外では手に入りません。
本式浴衣でなくても、女性用の和風のガウンドレスでも喜ばれると思います。

 

いかがでしたか?
日本のどこにもあるものばかりですが、海外では見つけにくいものがほとんどで、受け取った側がホッとするアイテムです。